執事日記

~ザ・キャプテンズの華麗なる生活~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

京都拾得

みなさん健やかですか?朗らかですか?テッドです。

もう、ただっち来ないんだったらこの執事日記もらっちゃうよ!!

タイトルなんにしよーかなー。





「テッド日記」

違うなぁ・・・ベタだよな。




「キャプテンズと私」

なんか作文みたいになっちゃった!これも違う・・・




「テッドの奇妙な冒険」

荒木!?ダメダメ!無駄無駄!!集英社に訴えられる・・・





じゃあこれはどう?




「テッドのガキの使いやあらへんで!」

使えるかーっ!!





「テッドの噛まない話」

もう自虐ネタっす・・・





エンドレス脱線ヌ・・・ほんとすみません。シャンとするっす!


今日は京都拾得でのライヴ。来るのは3回目だけど、3年半ぶりのライヴハウス。ライヴハウスというかライヴ蔵!

老舗居酒屋喫茶古民家といった赴きでなんとSince 1973!!
35年を生きてきた建物なんだ!

そしておいしい料理!!僕も豆カレーを食べました。
スパイスの効いたルーの中に甘みを与える豆。音楽でいうとドンシャリカレー!(低音域と高音域が強く、中音域が弱いサウンド)

ライスは玄米を使っていて体に優しくヘルシーなカレー。



情緒溢れる空間、美味しい料理ときたら・・・


あとはいい音楽があれば最高!!





今日のセットリストはこの空間にあった、ガレージ的かつ60年代を思い起こさせるレトロな雰囲気!

お客さんとの距離も近く、より生々しいザ・キャプテンズを見せる事が出来たんじゃないかな。
楽しかったなー。みんなありがとう!



今日一番「やった!」って思った事。

「ハートにピットイン」はいつも3コーラス目のサビでヒザシが傷彦と僕の間に来て振り付けをするの。

しかし今日のステージは少し狭かったので、傷彦と僕の間に隙間がなかったんだ。で、ヒザシも来る様子がなかった。


でも僕はやっぱり下手側でも振り付けして欲しかったので、ヒザシに目で「体を避けてスペース空けるからこっち側来て!」って合図したら・・・



ヒザシが首を縦に振っていつも通り下手で振り付けしたんだ!!


ライヴ後ヒザシが「てっちゃーん!目でわかったよ!こっち来いって言ってたんでしょ?」





あなたエスパーですか!?



もうなんかうれしくなっちゃってねー!
いいライヴになったって事がわかるでしょ?




そしてキャプテンズの次のステージはニートビーツにいさん!

3日間一緒にツアーを回り、酒を飲み交わし、語らいあったクールなマージービートロックンロール!!
男らしいビート感はさすがっ!かっこよかったな。



そしてなんとニートビーツのステージに我等がリーダー傷彦が!



リーゼントに革ジャン!!


長年付き合っている僕でさえ初めて見た!似合ってるじゃん!!





いやー、ほんとに楽しい一日だった!ニートビーツにいさん、スタッフさん、そして来てくれたみんなに感謝します!!ありがとう!

~今日の傷様~
「ねえ、テッド…THE NEATBEATSは音へのこだわりようといい、ステージングといい、国宝級のバンドだね。あ!Mr.PANがアンコールで僕のジャケットを奪おうとしている!…あーあ、行っちゃった。でも意外と似合ってるね。フフフ。今度一緒にキツネ狩りしましょうね、Mr.PAN!」

081109_205839.jpg

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。